共産、希望に対抗馬…民進を批判「重大な背信」

 共産党の志位委員長は28日の党会合で、10月の衆院選に希望の党公認で出馬する候補者には対抗馬を擁立する方針を明らかにした。

 民進党の前原代表は希望との合流方針を表明しており、民進、共産、自由、社民の野党4党で模索していた候補者の一本化の枠組みは事実上、破綻した。

 志位氏は、前原氏の合流方針について「野党共闘の積み重ねの否定で、重大な背信行為だ」と批判した。希望については、安全保障関連法を容認していることを理由に「自民党の補完勢力だ。共闘や連携の対象にならない」と語った。

 これに先立ち、共産党の小池書記局長は28日午前、社民党の又市幹事長と会談し、衆院選で候補者の一本化作業を進めることで一致した。