民進の希望合流で自公「選挙目当ての看板替え」

 自民、公明両党は、民進党が希望の党との合流を決めたことに、「選挙目当ての看板の掛け替えだ」と批判を強めている。

 希望の小池百合子代表(東京都知事)は安全保障関連法の堅持などを掲げており、民進党の政策と矛盾するためだ。

 安倍首相(自民党総裁)は28日、自民党本部での選挙対策本部会議で「選挙のために集まった、看板を替えた政党に日本の安全、未来を任せるわけにはいかない」と強調した。同党の二階幹事長も国会内で記者団に、「(希望の党は)ちょっと準備が足りないのではないか」と指摘した。

 公明党の山口代表は東京・有楽町での演説で、「新しく生まれた希望の党だと思ったら、中身は民進党の出身者ではないか。にわかに生まれた、寄せ集まった人たちに日本の課題を委ねるわけにはいかない」と声を張り上げた。

(ここまで343文字 / 残り246文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ