菅氏「小池氏は出てくる」…立候補の見通し示す

 自民、公明両党も解散から一夜明けた29日、衆院選に向けて走り出した。

 与党幹部は、小池百合子東京都知事が率いる希望の党を軸とした野党再編の動きに警戒感をあらわにした。

 公明党の山口代表は29日午前、堺市で街頭演説し、希望の党への合流を決めた民進党について「名前を変えて隠れみので勝負しようとしても、国民は見抜いている。仮面政党には政権は任せられない」と批判した。

 菅官房長官は29日午前の記者会見で、「政策の協議も全くない中、いつの間にか一つの政党になり、まさに選挙目当て、数合わせが進んでいる」と批判した。さらに、「私は小池氏は(衆院選に)出てくると思っている。真正面から政策論争をやることは極めて良いことだ」と述べ、小池氏が都知事を辞任し、衆院選に立候補するとの見方を示した。

(ここまで341文字 / 残り103文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ