候補者調整急ぐ方針を確認…小池、前原氏が会談

  • 民進党の前原代表との会談を終え、記者の質問に答える希望の党の小池代表(29日午前9時11分、東京都新宿区で)=小林武仁撮影
    民進党の前原代表との会談を終え、記者の質問に答える希望の党の小池代表(29日午前9時11分、東京都新宿区で)=小林武仁撮影

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)と、希望への合流を決めた民進党の前原代表は29日午前、都内のホテルで会談した。

 「10月10日公示・22日投開票」の日程で行われる衆院選に向けて、候補者調整と衆院選公約の作成を急ぐ方針を確認した。焦点の候補者調整を巡っては、民進党から提示された「入党希望者リスト」を基に、小池氏が受け入れの可否を判断する見通しだ。

 小池、前原両氏の会談は、約20分間行われた。前原氏は会談後、記者団に対し「大事なことは信頼感だ。どうすれば勝てるかを大所高所に立って考えていこうと確認した」と述べた。

 会談では候補者調整について、小池氏に近い希望の若狭勝前衆院議員と、民進党の玄葉光一郎総合選対本部長代行が実務的な話し合いを進めることが確認された。

  • 希望の党の小池代表との会談を終え、記者の質問に答える民進党の前原代表(29日午前8時29分、東京都新宿区で)=小林武仁撮影
    希望の党の小池代表との会談を終え、記者の質問に答える民進党の前原代表(29日午前8時29分、東京都新宿区で)=小林武仁撮影
(ここまで335文字 / 残り627文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ