河村・名古屋市長、衆院選出馬を断念

  • 衆院選への出馬断念を表明する河村市長(29日午後、名古屋市東区で)=原田拓未撮影
    衆院選への出馬断念を表明する河村市長(29日午後、名古屋市東区で)=原田拓未撮影

 衆院選立候補を模索してきた名古屋市の河村たかし市長は29日、「名古屋のみなさんのためにご奉公させていただく」と述べ、出馬を断念したことを明らかにした。

 河村氏は理由について「市長の後継者も見つからないことはなかったが、市長選に出すまでの状況にはならなかった」と説明。愛知県の大村秀章知事が「衆院選に出馬しない」と明言していることにも触れ、「首長は(衆院へのくら替えを)やめておこうという流れがあった」と述べた。

 一方、河村氏が衆院議員時代に議席を獲得していた愛知1区では、自身が代表を務める地域政党「減税日本」からの候補者擁立を目指すとし、「希望の党」の公認も受けられる見通しを示した。愛知1区では、民進党元議員の吉田統彦氏も希望に公認申請している。

 河村氏は、候補者擁立は愛知1区のみとし、ほかの選挙区では希望の公認候補を応援するとしている。