共産・社民、20小選挙区で候補者一本化に合意

 共産党の小池書記局長と社民党の又市幹事長は29日、国会内で会談し、「10月10日公示・22日投開票」の衆院選で、埼玉、大阪などの共産党の必勝区を含む11都府県の20小選挙区で候補者を一本化することで合意した。

 両党は、競合を避けるため協議を継続する方針で、一本化する小選挙区は更に増える可能性がある。