前原代表、合流「大変悩んだ」…地方議員に文書

  • 立候補予定者の集会で、支援者らを前にあいさつする民進党の前原代表(29日、愛知県岡崎市で)=原田拓未撮影
    立候補予定者の集会で、支援者らを前にあいさつする民進党の前原代表(29日、愛知県岡崎市で)=原田拓未撮影

 民進党の前原代表は、小池百合子東京都知事が率いる希望の党への合流を決めたことを受け、28日付で民進党所属の地方議員に対し、理解を求める文書を送付した。

 同党から立候補を予定していた各候補は希望に公認を申請することになるとし、「希望の党を支援していただきたい」と訴えた。

 希望への合流については「代表として大変悩んだ」としつつ、「現状のまま総選挙(衆院選)に突入すれば、離党者の続発などにより極めて厳しい結果になることは明らかだ」と説明した。