民進リベラルが新党模索…希望の選別、調整難航

 「10月10日公示・22日投開票」の衆院選に向け、希望の党の小池代表(東京都知事)側近の若狭勝前衆院議員は30日、民進党出馬予定者の受け入れを巡り、民進党の玄葉光一郎総合選対本部長代行と断続的に協議した。

 民進党が立候補予定者約230人全員の公認を求めているのに対し、小池氏は安全保障や憲法観を基に選別する考えで、調整は難航している。こうした中、希望から排除される可能性がある民進党リベラル系の前議員は新党結成を模索している。

 若狭、玄葉両氏は1日も協議を継続する。若狭氏は30日、記者団に対し、2日に民進党からの合流組を含まない50人を超える希望の第1次公認を発表するとの見通しを示した。

 合流組の希望公認のメドがたたない中、民進党前衆院議員の赤松広隆・元衆院副議長は30日、衆院選に向けた対応について「無所属の方が戦いやすいが、新党も選択肢の一つだ」と述べた。名古屋市内で記者団に語った。

(ここまで397文字 / 残り541文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ