旧社会党系多く希望に「いの一番にはじかれる」

 衆院選への対応を巡り民進党北海道連内で30日、小池百合子東京都知事が率いる「希望の党」への合流でも無所属出馬でもない、「第3の道」を模索する動きが急浮上してきた。

 民進党のリベラル系前議員らを中心に、希望とは別の新党が設立された場合、参加することなどが検討されている。新人の立候補予定者が多い北海道内の事情を踏まえ、道連やベテランがとりまとめ役となって統一行動を目指したい考えだ。

 小池氏は、希望の党への合流にあたり、改憲や安保政策などで考えの異なるリベラル系前議員らを排除する考えを明確に打ち出している。道内の民進党には、引退した横路孝弘・元衆院議長を筆頭に旧社会党の系譜を引く候補予定者が多く、希望に合流を申請しても「我々はいの一番にはじかれる対象だろう」(前議員)と反発する声が出ている。

(ここまで348文字 / 残り612文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ