自民・塩谷氏「国民欺く戦い」…希望・民進合流

 自民、公明両党は、混迷を深める野党再編の動きに対し、「政策無視の数合わせだ」などと批判を強めている。

 両党は安倍内閣の実績を強調し、政策論争を求めていく方針だ。

 自民党の塩谷立選挙対策委員長は1日、東京都内で記者団に、民進、希望両党の合流の動きについて「新党をせっかく作るなら、政策論争をする選挙を期待している」と語った。

 だが、希望が公認条件に安全保障関連法の容認を掲げる一方、民進党は同法に反対した経緯があり、重要政策で不一致が目立つ。塩谷氏は「(衆院選が)終わってみたら希望の党が民進党だったということもあり得る。国民を欺く戦いだ」と指摘した。

 菅官房長官も1日、北海道岩見沢市内で演説し、「プラカードを掲げて『安保法制反対、反対』とやった人たちが一夜にして小池氏の党に入るという。選挙目当てと言われてもしょうがない」と声を張り上げた。

(ここまで372文字 / 残り222文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ