自由党の小沢共同代表、無所属で衆院選立候補へ

 自由党の小沢共同代表は3日、記者会見し、22日投開票の衆院選に岩手3区から無所属で立候補すると表明した。

 自由党は衆院選に公認候補は出さず、幹事長の玉城デニー前衆院議員(沖縄3区)も無所属で出馬する。小沢氏は「安倍政権と対峙たいじし、政権交代するという一点で結集する以外ない」と述べ、野党が結集する必要があるとの考えを示した。

 自由党の参院議員は4人。小沢、玉城両氏は党籍を残したまま出馬するため、1人でも当選すれば、政党要件は維持される。