「大都市ファースト」3都府県合意に和歌山知事

 衆院選に向け、東京、大阪、愛知3都府県の知事が候補者調整や共通政策で合意したことについて、和歌山県の仁坂知事は3日の定例記者会見で、「大都市ファースト」とやゆし、「小さい県のことも考えてもらわないと、日本をリードできない」と注文を付けた。

 公示直前に、合流・結党などの動きが相次いでいることについては、「びっくりすることが次々起きている。ただ、(議論の中身が)こういう日本を作りたいではなく、誰と誰が生き残るかばかり」と指摘し、「生き残り以外のことを政治家も考えてくれよ、という思いがしなくもない」と苦言を呈した。