小池氏「首相指名は衆院選後に」…連立も検討か

  • 会談後、握手する小池都知事(左)と民進党の前原代表(5日午後、東京都新宿区で)=稲垣政則撮影
    会談後、握手する小池都知事(左)と民進党の前原代表(5日午後、東京都新宿区で)=稲垣政則撮影

 希望の党の小池代表(東京都知事)は5日、10日公示・22日投開票の衆院選対応をめぐり、民進党の前原代表と東京都内のホテルで会談した。

 前原氏の出馬要請に対し、小池氏は固辞した。希望は今後、衆院選後の首相指名選挙の候補について調整を進める。

 会談では、前原氏が「衆院選は誰を首相に選ぶかの選挙だ。(希望)代表の小池さんが衆院選に出てほしい」と要請したが、小池氏は「最初から私の衆院選出馬はない」と断った。安倍首相を退陣に追い込む方針では一致した。

 憲法67条の規定で、首相は国会議員の中から指名することになっている。両氏は速やかに希望の首相候補を決めることを確認した。小池氏は会談後、記者団に「結党メンバーとともに、どのような形がいいかを整理したい」と語った。希望は党規約で複数の代表を置けると定めており、首相候補となる国会議員を共同代表とする案が想定される。

 小池氏はまた、「首相指名は、衆院選が終わってから色んな結果を受けて行うものだ」と記者団に強調した。自民、社会、新党さきがけの3党連立による村山内閣が1994年6月に発足した際、自民党が社会党委員長の村山富市氏を首相候補に担いだことを例に挙げ、「当時、自民党はとにかく政権を奪取するために禁じ手を使った。色んなことがあると、過去の例を見て振り返ったところだ」とも語り、他党との連立を選択肢として検討していることもにじませた。