希望「朝令暮改」、大村氏の顧問人事を取り消し

 希望の党は5日、午前に発表した大村秀章・愛知県知事の党顧問への内定人事を夕方になって取り消した。

 「事務局のミス」と説明しているが、急造新党で十分な体制が整っていないことが「朝令暮改」につながったようだ。

 希望は午前10時ごろ、大村氏の党顧問就任を記者発表したが、1時間後、「就任ではなく内定」と修正。夕方には内定自体がなかったと訂正した。事務局は発表資料で「大村知事とはこれまで通り、脱原発や憲法改正などの政策実現に向け協力する」と説明したが、二転三転した経緯については「担当者がいないので答えられない」としている。