豊田真由子氏が立候補表明…「励ましに応える」

  • 立候補表明をする豊田氏(6日、新座市役所で)
    立候補表明をする豊田氏(6日、新座市役所で)

 秘書への暴行疑惑で自民党を離党した豊田真由子氏(42)が6日、新座市内で記者会見を開き、衆院選の埼玉4区に無所属で立候補する意向を表明した。

 豊田氏は「おわびが済んでおらず、大変厳しい状況にあるのは承知している。ただ、励ましの声も多く、その声に応えようと立候補を決断した」と述べた。

 4区にはいずれも新人で、自民公認の穂坂泰氏(43)と希望公認の吉田芳朝氏(43)、共産公認の朝賀英義氏(67)と維新公認の青柳仁士氏(38)が立候補を表明。選挙の構図は4党の公認候補と豊田氏の争いになる見通し。