「民進出身無所属」約20人が相互支援ネット

 衆院選に無所属で立候補する岡田克也・民進党元代表(三重3区)は8日、津市で記者会見し、無所属で出馬する民進党出身の前議員による相互支援のネットワークを作ると発表した。

 野田佳彦・前首相(千葉4区)や江田憲司・前代表代行(神奈川8区)ら計約20人が参加するという。

 岡田氏は記者会見で、「党の支援がないので、個人的なネットワークの中で助け合っていく」と述べた。岡田氏の事務所が事務局を務め、選挙戦での情報共有や応援で協力する。

 また、選挙戦では希望の党や立憲民主党の候補を人物本位で応援していくとしたうえで、「(選挙後に)大きな塊を作っていくことを見据え、良い人材をたくさん残したい」と述べた。