女性候補者、戦後最高17%…無所属は1・6倍

 今回の衆院選立候補者1180人のうち、女性候補者は209人で、全体の17・71%だった。

 前回2014年の衆院選と比べて11人多く、全候補者に占める女性の割合は、戦後最高となった。

 女性候補者を政党別にみると、共産党が58人と最も多く、希望の党が47人、自民党が25人、立憲民主党が19人などと続いた。女性の候補者数は、09年衆院選(229人)、12年同(225人)に次いで3番目に多い。

 無所属の立候補者は前回の約1・6倍の73人に上った。自民党が「刺客」擁立で分裂選挙となった郵政解散の05年衆院選(70人)を超えた。民進党が分裂したことに伴い、無所属で戦うことを決めた前議員が相次いだためだ。73人のうち前議員は33人で、解散時に民進党に所属していたのは21人に上る。

 新人の数は前回より26人増の630人で、候補者に占める割合は53・39%だった。前回は、新人の割合が、現行の小選挙区比例代表並立制の下で最低の50・71%だったが、2・68ポイント上回った。政党別では今回、共産が222人、希望が124人、自民が44人の新人を擁立した。前議員は前回比20人減の450人、元議員は同17人減の100人だった。

 立候補者の平均年齢は52・76歳。政党別では、社民党が63・62歳と最も高く、自民55・39歳、共産53・63歳、立憲民主53・31歳、公明党52・98歳、希望49・11歳、日本維新の会47・96歳、日本のこころ42・00歳と続いた。