中北教授「連合の支援分散、自民1強を補強」

 中北浩爾・一橋大教授と斎藤孝・明治大教授が20日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、22日投開票の衆院選について語った。

 各紙の世論調査で自民党優勢と報じられていることについて、中北氏は「自民党の支持基盤が圧倒的に強く、基礎体力がある」と分析。民進党の最大の支持団体・連合の支援が希望の党、立憲民主党などに分散したことについて、「結果的に自民党1強を補強してしまった」と述べた。

 斎藤氏は「(前身の民主党時代に)いったん政権をとった民進党の分裂は、国民を混乱させた」と指摘した。