衆院選後に進退「判断」…民進・前原代表

 民進党の前原代表は21日、衆院選後の自らの進退について「全ての結果が出た時に判断する」と述べた。

 合流を主導した希望の党の衆院選結果を踏まえ、去就を判断する意向を示したものだ。京都市内で記者団に語った。

 前原氏は選挙後、民進党全体の希望への合流を進める考えだ。しかし、党内では否定的な意見が大勢で、前原氏の辞任を求める声が強まっている。