小池氏側近が政治団体設立…年内にも新党視野

 東京都の小池百合子知事に近い若狭勝衆院議員(無所属)は7日、国会内で記者会見し、自身が代表を務める政治団体「日本ファーストの会」の設立を発表した。

 政治塾「輝照きしょう塾」の設立も表明し、小池氏が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」と連携した新党の年内結成を目指して、塾生から次期衆院選の候補者を擁立する考えも明らかにした。

 小池氏と連携を図る新党結成の動きは、安倍首相の衆院解散戦略や、野党再編にも大きな影響を与える可能性がある。

 日本ファーストの会は、政治塾の運営母体となるもので、7月13日に設立。9月16日に都内で開催する1回目の講義には、小池氏を講師に招く。講義は月1回のペースで、来年2月までに6回開催する予定だ。塾生は、書類、面接による選考で決定し、外交・安全保障や行財政改革など国政全般について学ぶ。

(ここまで364文字 / 残り267文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ