自民・平沼赳夫氏が引退意向、後継に次男出馬へ

  • 平沼赳夫氏
    平沼赳夫氏

 自民党の平沼赳夫衆院議員(78)(岡山3区)が、「10月10日公示・22日投開票」予定の衆院選に出馬せず、政界を引退する意向を固め、地元後援会幹部に伝えたことがわかった。

 平沼氏は2015年に脳梗塞こうそくを発症し、現在、リハビリ中。秘書は「急な解散となることで、リハビリが間に合わなかった」と説明している。

 平沼氏の後継に次男の正二郎氏(37)が出馬する予定で、23日にも同党県連に公認を求める。岡山3区では自民党の阿部俊子衆院議員(58)(比例中国)も立候補する予定だ。

 平沼氏は1980年に初当選し、当選12回。運輸相や経済産業相などを歴任し、2005年に自民党を離党。たちあがれ日本や次世代の党などを経て、15年に自民党に復党した。