新党への関与「都政と矛盾せず」…小池都知事

  • 定例記者会見に臨む小池都知事(22日午後、都庁で)=高橋美帆撮影
    定例記者会見に臨む小池都知事(22日午後、都庁で)=高橋美帆撮影

 東京都の小池百合子知事は22日の記者会見で、若狭勝衆院議員らが近く結成する新党への関与について、「(都政の遂行と)矛盾するとは考えていない。知事をやり、かつ国政に関与している例は他にもある。どの方法が国や都民にとって一番いいのかを模索していきたい」と述べ、前向きな姿勢を示した。

 新党関係者から小池氏の党首就任への期待が高まっていることには、「色んな声をいただく」としつつ、「いま状況が動いているところ。よくウォッチしていきたい」と語り、情勢を慎重に見極めていることをうかがわせた。

 10月の衆院選に関しては「大義なき解散・総選挙において、国民の皆さんが真の改革を求めるのか否かを問うべきだ」と強調。憲法改正については「いろんな観点から改正の余地がある。議論を避けてはいけない」と指摘した。