「ファースト」使わず「希望」、名称の浸透課題

 東京都の小池百合子知事に近い若狭勝衆院議員と細野豪志・元環境相が26日にも旗揚げする新党の名称が、「希望」となる見通しとなった。

 小池氏が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」の、「ファースト」は引用されず、「小池新党」のメッセージが有権者に伝わらない可能性もある。来月に予定される衆院選に向け、新党名をどう浸透させるかが課題になりそうだ。

 「希望」という新党名には、この言葉にこだわりを持つ小池氏の思いが色濃く反映された。都民ファーストの綱領も、「今日よりも明日、明日よりも未来に希望がもてる社会を描くため、私たちが『東京大改革』をすすめていく」と結ばれるなど、小池氏の「希望」に対する強い思いが読み取れる。

(ここまで308文字 / 残り144文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ