議員報酬3割減・消費増税は凍結…維新公約原案

 日本維新の会の衆院選政権公約の原案が25日、判明した。

 国会議員の報酬・定数の3割削減や、国家公務員の人件費2割削減など「身を切る改革」で財源を捻出し、高等教育も含めた教育無償化を実現するとしている。2019年10月の消費税率10%への引き上げは「凍結」とし、反対姿勢を打ち出した。自民、民進両党が増税分の使途を子育てや教育などに振り替える案を掲げていることを念頭に、差別化を図る狙いがあるものとみられる。

 憲法改正について、「国際情勢の変化に対応し、国民の生命・財産を守るため」として9条改正も議論していくべきだとの立場を掲げた。安全保障関連法については、集団的自衛権行使の要件を厳格化すべきだとした。