連合会長「小池代表周辺の罪大きい」…失速原因

 連合の神津里季生りきお会長は26日、福井県坂井市で記者会見し、希望の党が衆院選で失速した原因について、「小池さんの周辺の人たちの罪も大きい。公認調整で無用に(候補者の枠を)狭め、政策面で更に狭めた」と述べた。

 小池代表(東京都知事)の周辺や側近議員らが、民進党からの合流組に安全保障関連法の容認を求めるなどして生じた混乱が、有権者の離反を招いたとの認識を示したものだ。

 神津氏は同日、都内の連合本部で小池氏と会談した。会談では小池氏が衆院選での連合の支援に謝意を示し、今後の連携を求めた。神津氏は前向きな考えを示したという。