自民圧勝、玉木氏「野党が割れたことに尽きる」

 立憲民主党の長妻昭代表代行と希望の党の玉木雄一郎衆院議員が26日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、衆院選の結果について議論した。

 長妻氏は「多くの選挙区で(与野党)一騎打ちになっていなかった。今後、野党共闘の道と、圧倒的に強い野党で政権をうかがう二つの方法がある。これから議論したい」と述べ、次期衆院選に向けた戦略を党内で検討する考えを示した。玉木氏は自民党の圧勝について「野党が割れたことに尽きる」と述べ、野党候補の乱立が主要因だとの認識を強調した。