2回連続比例復活議員の重複立候補認めず…自民

 自民党は22日の総務会で、衆院小選挙区選で敗北し、比例選で2回連続復活当選した現職議員について、次期衆院選では原則、重複立候補を認めないことを決めた。

 次回の党公認候補予定者となる「支部長」の選任基準を定めた基本方針に盛り込む。