テレビ

量産されるブラブラ散歩番組を支える「素人力」

テレビコラムニスト 桧山珠美

これぞ、ブラブラの王道!

  • 高田純次のテキトーな感じが楽しい「じゅん散歩」(テレビ朝日提供)
    高田純次のテキトーな感じが楽しい「じゅん散歩」(テレビ朝日提供)

 「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、月~金曜7時30分)
 「じゅん散歩」(テレビ朝日系、月~金曜9時55分)
 「国分太一のおさんぽジャパン」(フジテレビ系、月~金曜11時25分)
 「有吉くんの正直さんぽ」(フジテレビ系、土曜正午)
 「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京系、日曜18時30分)
 「鶴瓶の家族に乾杯」(NHK、月曜19時30分)
 「ブラタモリ」 (NHK、土曜19時30分)
 

 いかにも庶民的で、一般人とのやりとりも上手にこなしそうなタレントの名前が冠となっているのが、王道の「ぶら散」番組の特徴だ。

 今年4月から参戦したのが、「朝の!さんぽ道」。毎週1人の散歩人が話題のスポットや人気の街を歩く。番組の宣伝文句によると、「騒がしい朝に飽きた人に、1日の始まりを楽しくする!ほんわか散歩番組」だそうだ。

 この時間、普通の会社員や主婦なら、出かける支度で忙しくて当たり前のはず。他局では、「ZIP!」(日本テレビ系)、「あさチャン!」(TBS系)、「めざましテレビ」(フジテレビ系)などの情報番組で、交通情報、天気予報、ニュースやスポーツを流す。その日の運勢と幸運アイテムを気にする視聴者だって少なくない。

 だから、朝の番組は慌ただしい。そこに、まったく毛色の違う散歩番組を放送するとは、「さすが、テレ東!」と(たた)えるしかない。

乗り物で範囲を広げる

 「タカトシ温水の路線バスの旅」(フジテレビ系、土曜正午)
 「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系、土曜18時30分)
 「路線バスで寄り道の旅」(テレビ朝日系、日曜15時20分)
 

 「もう歩けないよ~」と、出演者のだれかが言ったのかもしれない。路線バスやローカル鉄道などを使った、「ぶら散」応用編も人気だ。当然、移動範囲が広がるため、「散歩」の要素に加えて、「プチ旅行」といった趣がある。土日に放送が集中しているのも、うなずける。

 ブームを作ったのは、太川陽介と蛭子能収の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系、特番)。バスを乗り継いで目的地に向かいながら、アクシデントや人間関係のイザコザも含めて楽しむドキュメンタリー的な要素が強い。

 「路線バスで寄り道の旅」は、主に都内近郊を中心とする手軽なバス旅だ。徳光和夫と田中律子のコンビにゲストが加わる。バスに乗ると、すぐに寝てしまう徳光の気ままさが見どころ。次のバスの出発時間を確認しているのに、入った店でうっかり長居してしまったり、思いつきで寄り道をしたり、たいてい乗り遅れてしまう。

 「早くしないと、また乗り遅れちゃうよ」と、思わず口を挟みたくなる視聴者も少なくないだろう。目的地へ時間通りに行けない、というのももはやお約束となっている。

 テレビの前で、「この辺りにちょっと、行ってみようか?」と時間をもてあましている高齢夫婦の会話のきっかけにもなりそうだ。

【あわせて読みたい】
朝ドラ「ひよっこ」が好評でも視聴率は残念な理由
「直虎」の視聴率低迷はやはり「女大河」のせい?
「いい女」をネタにする女性芸人がウケる…なぜ?