「秋元康の1分後の昔話」&「AKBギャラリー」

【秋元康コラム】「伊豆の踊り子」のように

舞台で映画で「あさひなぐ」

  • 画・本間麻衣
    画・本間麻衣

 9月22日にTOHOシネマズほか全国の映画館で、乃木坂46のメンバーが主演する映画「あさひなぐ」が封切られた。「あさひなぐ」は、第60回小学館漫画賞(一般向け部門)に輝いた、こざき亜衣さんのコミックを実写化した青春映画である。

 ストーリーは……春、元美術部で運動音痴の主人公、東島旭(西野七瀬)は、二ツ坂高校へ入学する。旭は一つ先輩の宮路真春(白石麻衣)と出会い、その強さに憧れ“なぎなた部”入部を決意! 同級生の八十村将子(桜井玲香)、紺野さくら(松村沙友理)、2年生の野上えり(伊藤万理華)、大倉文乃(富田望生みう)と共に部活動をスタートしたが、“練習は楽で運動神経がなくても大丈夫”――そんな誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの!(「あさひなぐ」公式ホームページより)

 王道のスポ根ものだが、やはり、「なぎなた部」という設定が新しく、その世界に見入ってしまう。裸足はだしで木の床を踏み込むので、足の裏の皮がけ、その応急処置が瞬間接着剤を塗って膜を作ることなんてエピソードは、原作者が連載開始まで1年かけて、なぎなたを取材した賜物たまものだろう。

 この映画の企画が持ち込まれた時、僕が面白いと思ったのは、同時に舞台版もキャストを変えてやりましょうということだった。舞台版は、主人公、東島旭を齋藤飛鳥、宮路真春を若月佑美、八十村将子を井上小百合、紺野さくらを新内眞衣、野上えりを生駒里奈が務めている。

 同じ役柄を映画版、舞台版で別の俳優が演じることは珍しくないが、同じグループ内でキャスティングされるのはあまり例がないだろう。同じ歌も、歌う人間を変えて、新しい何かを届けたいと思っている僕は、その試みにかれたのだ。まさに、大所帯のグループにふさわしい企画だと思った。

 先行して上演された舞台版「あさひなぐ」も、22日に封切られたばかりの映画版「あさひなぐ」もそれぞれの面白さがある。齋藤飛鳥の東島旭も、西野七瀬の東島旭も魅力的だ。それは、やはり、「あさひなぐ」という原作が素晴らしく、読者がそれぞれの東島旭を思い描けるからだろう。

 川端康成の名作「伊豆の踊子」も幾度となく映画化された。サイレント時代の田中絹代が主演のものから、美空ひばり、吉永小百合、山口百恵まで。僕は、その全てをたわけではないが、様々なキャスティングで名作「伊豆の踊子」が時代を超えてバトンリレーされていたように思った。

 「あさひなぐ」もまた、次の舞台、次の映画で、新しいキャスティングによるリメイクを期待しよう。

 (AKB48グループ、坂道シリーズ総合プロデューサー 秋元康)

  • 本間麻衣
    本間麻衣

本間 ( ほんま ) 麻衣 ( まい ) 15(AKB48)

 16期研究生。大河ドラマが好き。いつか旭役を演じてほしいものです。「西野七瀬さんはかわいくて大好き。私にとって理想のアイドルなので描かせていただきました。西野さんと旭の雰囲気がとてもあっていたのでイメージできました」

行天 ( ぎょうてん ) 優莉奈 ( ゆりな ) 18(AKB48)

 所属するチーム8が障害者スポーツを応援する「TEAM BEYOND」に加わりました。「イベントに参加できてうれしかった。ボッチャは子供からお年寄りまで楽しめるスポーツなので、もっと広めたいです」

  • 画・行天優莉奈
    画・行天優莉奈
  • 行天優莉奈
    行天優莉奈