テレビ

豊作の秋ドラマ「熱い男VS強い女」軍配は?

テレビコラムニスト 桧山珠美
 10月スタートの新作ドラマがほぼ出そろった。秋の夜長に自宅でまったりという人も多いのか、秋ドラマは例年、視聴率が伸びやすいとされる。民放各局のタイトルを見ても、大漁豊作を予感させるラインナップだ。ドラマ好きの心をわしづかみにしそうな「熱い男」と「強い女」が連日登場する。さて軍配はどちらに……?テレビコラムニストの桧山珠美さんが注目ドラマを解説する。

取り扱い注意の最強主婦

  • 「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ提供)
    「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ提供)

 この秋はドラマ好きに朗報! 久しぶりに豊作が期待できそうだ。10月スタートの新ドラマはなかなかの力作がそろった。

 まずは、先陣を切ったのは、綾瀬はるか主演の「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系、水曜後10時)。

 これまで、吉高由里子の「東京タラレバ娘」や、高畑充希の「過保護のカホコ」が放送された枠なので、てっきり綾瀬のかわいらしい若奥さまぶりを()でる内容かと思いきや、“取扱い注意”のほうに比重が置かれていた。

 料理も掃除も下手だけど、正義感が強く、怒らせたら超危険なセレブ専業主婦・伊佐山菜美を綾瀬、友人と共同でIT企業を経営するセレブで、少し天然な菜美の行動も笑顔で許す優しい夫・伊佐山勇輝を西島秀俊、菜美が人生で初めて友情を育む主婦友・大原優里を広末涼子、佐藤京子を本田翼が演じる。

 綾瀬は、「精霊の守り人」(NHK)に続き、またもや華麗なるアクションを披露。志穂美悦子以来、長い間、空席となっていた本格アクション女優の座に収まるつもりなのかもしれない。

 ドラマ「ホタルノヒカリ」のようなほんわかした綾瀬を期待していたおじさんたちが多かったかもしれないが、「奥様は―」で綾瀬が演じるのは、特殊工作員だった過去を持ち、DV被害やご近所トラブルを「私がなんとかしてあげる!」と助けてくれる“最強主婦”だ。

 西島演じる夫にも、なにやら秘密がありそう。今後、少しずつ明らかになるのだろう。綾瀬のアクションシーンに注目が集まる一方、インターネット上では、西島のバックハグ(背後から抱きしめること)や、すん止めキスシーンなども話題になっている。

【あわせて読みたい】
・量産されるブラブラ散歩番組を支える「素人力」
・NHK朝ドラ「わろてんか」はホンマ笑えるか?
・「直虎」の視聴率低迷はやはり「女大河」のせい?