文化

人気の北欧ミステリー、まず読みたいこの文庫10作!

メディア局編集部 伊藤譲治
 今年も「読書週間」(10月27日から11月9日まで)が始まった。秋の夜長に最適なのがミステリー。近年、北欧ミステリーが世界的に大きな注目を集めており、この機会にぜひ読んでみたい。北欧ミステリーとはスウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、アイスランドの5か国のミステリーを指す。では、なぜ北欧ミステリーが人気なのか。北欧ミステリーのおおまかな流れを振り返り、人気の理由を探るとともに、「まず読みたい文庫10作」をリストアップしてみた(→リストは こちら )。

言葉の不思議な響きに新鮮な驚き

  • 世界的な注目を集める北欧ミステリーの邦訳作品
    世界的な注目を集める北欧ミステリーの邦訳作品

 北欧ミステリーには三つの画期がある。

 一つは、1960~70年代にかけて、スウェーデンのマイ・シューヴァル&ペール・ヴァールーが手がけた「刑事マルティン・ベック」シリーズだ。社会運動家でもあった2人は事実婚の合作作家で、ストックホルム警察本庁犯罪捜査課の刑事マルティン・ベックを主人公にして、痛烈な社会批判を込め、激変するスウェーデン社会の10年を、計10作を通して描こうとした。その第4作が1971年、ミステリー作家にとって最高の栄誉とも言えるアメリカ探偵作家クラブ最優秀長編賞(エドガー賞)を受賞した『笑う警官』である。

 レンナルト・コルベリ、エイナール・ルン、グンヴァルド・ラーソンという刑事たちの名前。そして、ストランドヴェーゲン、ノラ・スタシューンスガータンというストックホルムの大通りの呼び名……。『笑う警官』の邦訳が出たとき、北欧の言葉の不思議な響きに新鮮な驚きを感じたミステリーファンも多かったはずだ。

【あわせて読みたい】

・だからボブ・ディランがノーベル文学賞をとった!

・没後20年、ロングセラー続ける星野道夫の秘密

・人気マンガ「こち亀」終了 40年を振り返って

2016年10月28日05:20 Copyright © The Yomiuri Shimbun