IT

黒柳さんも始めたインスタグラムの傾向と対策は?

オプト・ソーシャルメディア事業部部長 野口陽介
 スマートフォンなどで画像や動画を共有する「インスタグラム」(略称:インスタ)の勢いが止まらない。世界ではツイッターの3億人を大きく上回る5億人のユーザーを獲得し、日本国内でも1000万人を突破するなど破竹の勢いで成長している。なぜこれほどまでにインスタは人々を魅了するのか? SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に詳しいインターネット広告会社「オプト」(東京都千代田区)の野口陽介氏がその秘密を探る。

83歳の黒柳さんも挑戦

 今年9月、御年83歳の黒柳徹子さんがインスタを開始したということで話題になった。華やかな衣装、自宅の様子、お気に入りのパンダグッズなどを紹介。フォロワー数は31万5000人(12月8日現在)に。

 インスタで注目を集めるタレントといえば、フォロワー数550万人で日本一とされるお笑い芸人の渡辺直美さん。渡辺さんは、奇抜なポーズや飾らない日々の様子をアップさせるたびに、#(ハッシュタグ)とともにコメントを公開する独自のスタイルで人気になった。と同時に、彼女が身に着けているファッションアイテムや公開されたグルメなどにも関心が寄せられる。

 一方、インスタをきっかけに有名になった人もたくさん出てきている。今まさに世の中を席巻しているPPAPのピコ太郎さんもその一人だ。

 本記事の執筆時ですでに30万近くの投稿(#PPAPをつけた)が世界中から寄せられており、世界的な権威を持つ米ビルボードにランクインするなど一大ムーブメントを巻き起こしている。あのトランプ次期大統領のお孫さんも相当お気に入りらしい(笑)。

 改めて「インスタグラム」について紹介しておこう。

2016年12月09日 11時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun