経済

「かっぱ」は浮かび上がれる?回転寿司業界の混沌

回転寿司評論家 米川伸生
 業績低迷が続いていた回転ずしチェーン「かっぱ寿司」が再生を目指し、おなじみのカッパのキャラクターを封印してメニューを刷新するなどの新戦略を打ち出した。だが、かっぱ寿司に限らず、回転寿司業界は今、変革の時期を迎えているという。「回転寿司評論家」として全国各地の回転寿司店をウォッチしている米川伸生氏が、業界の現状と課題を論じる。

限界迫る国内出店

  • 再生を目指し、メニュー刷新をするなどの新戦略を打ち出した「かっぱ寿司」
    再生を目指し、メニュー刷新をするなどの新戦略を打ち出した「かっぱ寿司」

 ここ数年、右肩上がりで市場の拡大が続いていた回転寿司業界に、陰りが見え始めている。業界の成長期であった2000年からの10年間は、回転寿司であればどんな店でも繁盛したが、近年は大手回転寿司チェーンの店舗が売り上げ不振で閉店を余儀なくされたり、中堅チェーンの倒産が相次いだりしているのだ。

 「かっぱ寿司」を運営する「カッパ・クリエイト」もかつて売上高で業界ナンバー1の地位を守り続けていたが、12年から赤字を計上し続け、14年には外食大手「コロワイド」に買収される事態にまで陥ってしまった。業界ナンバー1の座も「あきんどスシロー」に明け渡した。

 その一方で、一気に業界首位に躍り出ようかという新興勢力の「はま寿司」や、堅調な成長を続ける「無添くら寿司」(くらコーポレーション)など好調な企業も目立ってはいるのだが、業界全体を見ると、過渡期を迎えていることは間違いない。

 その最も大きな理由として考えられるのが、国内出店の限界が迫ってきていることだろう。大手100円寿司チェーンの空白区だった四国、九州、沖縄などに次々と店舗がオープンし、飽和状態を迎えているのだ。今後は最大の空白区である北海道や、かっぱ寿司の勢力が強かった東北地方に大手の注目が集まると思われる。出店による事業拡大というビジネスモデルでは遅かれ早かれ限界がくるのは目に見えており、各社は新たなビジネスモデルを模索しなければ生き残れないところにまで来ている。

【あわせて読みたい】
小売店危うし!?アマゾンがもくろむ“消費者革命”
ファミレス縮小、フィットネス躍進…深夜営業の変
耐久戦?カラオケボックス業界 変わる勢力図

2017年02月03日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun