鉄道

遠距離サラリーマン必読 「通勤ライナー」最新事情

鉄道ライター 平賀尉哲
 通勤・通学時間帯に運行している「通勤ライナー」の人気が衰えない。基本的に都心から遠距離の利用者で、座って快適に電車通勤・通学したい人のための列車だ。別料金のライナー券(乗車整理券)が必要になるが、JRだけでなく私鉄にも拡大中だ。鉄道各社の取り組みと最新事情を、鉄道ライターの平賀尉哲さんに解説してもらった。

誰だって座って通勤したい

  • 有料座席指定列車「S―TRAIN」(西武鉄道提供)
    有料座席指定列車「S―TRAIN」(西武鉄道提供)

 西武鉄道は3月25日から有料座席指定列車「S-TRAIN(Sトレイン)」の運行を開始する。運行区間は、平日が所沢~豊洲(東京メトロ有楽町線)間、土・休日が観光客向けに西武秩父~元町・中華街(横浜高速鉄道みなとみらい線)間となる。座席指定料金は300円からで、所沢~豊洲間だと510円。京王電鉄も2018年春に新宿~京王八王子・橋本間で有料座席指定列車の運行を始める。

 これらの列車は、朝夕の通勤時間帯に運行される「通勤ライナー」(ホームライナーとも言われる)の一つだ。

 東京圏の私鉄では、京浜急行電鉄が1992年、帰宅時間帯に久里浜方面に向かう通勤ライナー「京急ウィング号」の運行を開始した。人気は根強く、2015年から朝の品川行き「モーニング・ウィング号」を運行するようになった。東武鉄道も08年から東上線で有料の座席定員制列車「TJライナー」(座席指定までは行わない)を導入した。

 小田急電鉄や東武伊勢崎線、近畿日本鉄道など、有料特急を運行している私鉄では、ラッシュ時に特急がこうした通勤ライナーの役割を果たしている。定期券と特急券での乗車が認められているので、特急券を別途購入すれば快適通勤が可能で、「ゆったり座って通勤できる」と利用者にたいへん喜ばれている。

 前述した京王、京急、東武東上線は、もともと有料特急を設定していなかった。にもかかわらず、通勤ライナーの運行を開始するのは、宅地が郊外に延びて通勤圏が広がった結果、遠距離通勤客の間で着席乗車のニーズが高まったことと無関係ではない。

【あわせて読みたい】
登録数1107か所、「道の駅」はなぜ増えるのか(2016年11月21日)
相次ぐ盗伐、その裏に見える日本の森の大問題(2016年11月19日)
グルメな観光列車が続々 ローカル線の救世主に?(2016年09月15日)
北海道新幹線に勝機はあるか?(2015年12月25日)