芸能

オトナ女子はなぜセーラームーンに夢中なのか?

ソーシャルトレンドニュース編集部 佐藤由紀奈
 ここ数年、20代後半から30代前半のいわゆる“アラサー”世代のオトナ女子たちが、少女時代に親しんだ「セーラームーン」などのキャラクター商品を競って買い求めている。その 摩訶 ( まか ) 不思議な女心について、若い女性の流行に詳しいソーシャルトレンドニュース編集部の佐藤由紀奈さんに探ってもらった。

資生堂の化粧品とコラボ

  • オトナ女子が買い集めているセーラームーンのグッズ (C)武内直子・PNP・東映アニメーション
    オトナ女子が買い集めているセーラームーンのグッズ (C)武内直子・PNP・東映アニメーション

 漫画家・武内直子さんが生んだ「美少女戦士セーラームーン」は1992年、講談社の少女向けマンガ雑誌「なかよし」で連載が始まった。

 主人公の中学生、月野うさぎと仲間たちが「セーラー戦士」に変身し、悪と戦うストーリー。セーラー戦士にはマーズ(火星)、ジュピター(木星)など惑星の名前がつけられ、主人公の「月にかわっておしおきよ!」という決め台詞を真似した女性は少なくないはずだ。

 作品展開はアニメやゲームなどへと広がりを見せ、社会現象にまでなった。中高年の男性でも、名前くらいは聞いたことがあるだろう。

 オトナ女子が買い集めている関連グッズは、直近では1月末に資生堂の主力ブランド「マキアージュ」とのコラボによる化粧品セットが発表され、大きな反響を呼んだばかり。

 このコラボは、様々な企業が参加する「セーラームーン25周年プロジェクト」の一環だ。たくさんの新作グッズ販売のほか、ミュージカル公演なども予定され、今年はファンにとって特別な1年になりそうだ。

【あわせて読みたい】
しまむらが若い女性にパトロールされるワケ
映画新記録 「君の名は。」「シン・ゴジラ」が押し上げ
羽生結弦の発言にみるフィギュア4回転新時代
官製の“○○女子”「農業女子」、予想外の3年目へ(上)