経済

マンションの「局地バブル」はもう崩壊寸前

住宅ジャーナリスト 榊淳司
 資材高騰や人手不足などで建設コストがかさみ、新築マンションの価格上昇が続いている。モデルルームを訪れた購入希望者が想像以上に高い販売価格に驚き、二の足を踏むケースが目立っているという。一部でささやかれる「マンションバブル」。崩壊のリスクをはらんでいるのか。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が解説する。

増える「塩漬け」物件

  • (画像はイメージ)
    (画像はイメージ)

 「けっこう塩漬け物件が多くなってきたよ」

 先日、ある有力デベロッパーの幹部が、ため息混じりにこう漏らした。首都圏の新築マンション市場はここに来て、大きな曲がり角を迎えていると言うのだ。

 大手マンションデベロッパーでも、ここ2年ほどの間に購入した用地でマンション事業を行っても、価格を上乗せしていったら購買層の手が届かない状態になる。そういう用地は、仕方なく「塩漬け」される。事業化できない理由は、用地購入時に想定した販売価格では高すぎて「売れない」という見通しがハッキリしているからだ。

 新築マンション市場は、明らかに冷えかけている。別の言い方をすれば「バブルが崩壊しかけている」ということになる。

【あわせて読みたい】
マンション投資「メガ大家」になれる人、なれない人
持ち家VS賃貸、損しないための「視点」とは
あなたのマンションは「2020年問題」を乗り切れるか?!

2017年03月06日 09時19分 Copyright © The Yomiuri Shimbun