生活

片づかない実家…親を不機嫌にさせない5つの方法

実家片づけアドバイザー 渡部亜矢

【5】子ども世代が先に終活

  • 玄関にも不要になったモノばかり
    玄関にも不要になったモノばかり

×「早くエンディングノート書いてよ!」

×「遺言書がないと、きょうだいでもめるかも……」
 

 実家の片づけを始められない親の中には、「まだ自分は若い」とポジティブにとらえているタイプが多くいます。このため、突然、「エンディングノート」とか「遺言書」と言われるとカチンときて、「あれは年寄りが書くものだ」と反発を招きかねません。

 「いつ何があるか分からないから、実は、終活を始めたんだ」

 着なくなった衣類を処分する、使っていない食器や電化製品を捨てる、家族や友達の連絡リストをつくる――。子どものほうから、自分が取り組んでいることを話題にし、「終活」を身近にとらえてもらうのはいかがでしょう。
 

「クレジットカードを1枚にまとめたよ」

「貴重品のリストをつくってみたんだ」

「権利書と保険証券をしまっている場所は妻に伝えておいた」
 

実家が「負動産」に?

 「人生100年」が珍しくない時代になりました。

 実家には、思い出が増え、しばらく袖も通していない着物はタンスの肥やしとなり、いつ使うかも分からない食器が戸棚の奥に眠っています。スニーカー、サンダル、ブーツに長靴……下駄(げた)箱は、ぎゅうぎゅう詰めになっていませんか?

 このまま、何もしなければ、子どもや孫に無駄なモノを残すことになります。

 実家の片づけは、親の老いを受け入れるプロセスの一つです。親が健康に暮らせるように、必要なモノを取捨選択することです。

 不要なモノはなるべく持たず、実家を子孫に残すのなら、処分費も残すということを考える必要があるかもしれません。

 実家が、価値ある不動産になるのか、迷惑資産の「負動産」となって子や孫を苦しめてしまわないか――。明暗を分けるのは、親子の会話にかかっています。

 まずは、話すことから始めてみませんか。

 片づきますように。

【あわせて読みたい】
・片づかない実家 ゴミ屋敷の原因はゴミじゃない
・きょうだいトラブルは威張っている長男のせい?
・実は、交通事故より多い家庭内の死亡事故

プロフィル
渡部 亜矢(わたなべ・あや)
 実家片づけアドバイザー。1965年神奈川県生まれ。銀行、出版社などでの勤務を経て、2016年に 一般社団法人実家片づけ整理協会 の代表理事となり、「実家の片づけ」に特化した講座を開講。生前整理、遺品整理、出張片づけサービスの人材育成などに取り組む。著書に『カツオが磯野家を片づける日~後悔しない「親の家」片づけ入門~』(SBクリエイティブ)、『プロが教える実家の片づけ』(ダイヤモンド社)、『「5つの鉄則」でラクラク!実家の片づけパーフェクトBOOK』(光文社)がある。