生活

ビジネスにスニーカー、違和感なく履きこなすには

ファッションスタイリスト 大山旬
 スポーツ庁が旗振り役となり、スニーカー通勤を普及させようとしている。歩くことを通じて健康増進を図るというのが目的のようだ。スーツにスニーカーは合わないと思われてきたが、最近では一見、革靴のようなスニーカーも登場し、見た目の違和感は減りつつある。スニーカー通勤はクールビズのように市民権を得るのか。ファッションスタイリストの大山旬さんに語ってもらった。(聞き手・メディア局編集部次長 田口栄一)

カジュアルと堅いもの、難しい組み合わせ

 ファッションというものを考えた時に、カジュアル、部屋着に近いようなものと、堅いもの、この両極があると思います。その中でスニーカーは圧倒的にカジュアル寄りのアイテムで、スーツは一番クラシックで堅いものと言えます。

 対極同士にあるものは相性がよくないし、(ビジネスなどの場面で)見栄えの問題も生じます。ただ、スニーカーにはカジュアルなものと、きれいめのものがあって、選び方次第で印象はだいぶ違います。

 スニーカーでもランニングやウォーキング用でスポーツブランドのロゴが入っているもの、色が派手なもの、こういうものはカジュアルだと思います。一方で、きれいめのものもあって、最近、増えているのは、例えば色は黒やブラウンで、見た目はビジネス用の革靴と同じだけど、実はスニーカーというものです。

 クールビズが浸透し、靴も少しラフなものを取り入れてもいいのではないかという世の中の流れを踏まえた上で、きれいめに見えてスーツにも合いそうなスニーカーなら、違和感はないと思っています。

通勤向けのスニーカー、続々と登場

  • UNITED ARROWS「UA ITY ドレススニーカー ダブルモンクストラップ」
    UNITED ARROWS「UA ITY ドレススニーカー ダブルモンクストラップ」
  • texcy luxe「TU-7002 ブラック」
    texcy luxe「TU-7002 ブラック」

 きれいめのスニーカーで言うと、例えば、UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)が作ったドレススニーカーという商品があります。上が革靴で、ソールの部分がスニーカーと同じような感じになっています。こういうものであれば、スーツと合わせても全く問題ありません。スニーカーの中でも、まず、こぎれいなものから選びましょうというのが私からの提案です。

 同じような商品はスポーツブランドも結構出していて、その先駆けがアシックス商事の出しているtexcy luxe(テクシーリュクス)というシリーズです。スポーツブランドで培った履きやすさをビジネスシューズに取り入れています。ソールの部分がスニーカーのようで、反り返りがすごくあり、中にはかなりクッションも入っているので、履いた感じは完全にスニーカーです。

2018年4月11日16:57 Copyright © The Yomiuri Shimbun