働く

就活、GMARCHの学歴フィルターを打ち破る

採用コンサルタント 谷出正直
 就職活動で「学歴不問」や「人物本位」をうたう企業は多い。一方で、会社説明会の申し込みなどで、いわゆる下位校をふるいにかける「学歴フィルター」なるものがあるともささやかれる。「学歴フィルター」にとらわれず、後悔しない就活を進めるにはどうすればいいのか。採用コンサルタントの谷出正直氏がアドバイスする。

「学歴フィルター」とは?

  • (画像はイメージ)
    (画像はイメージ)

 就職活動において、まことしやかにささやかれる「学歴フィルター」。

 企業側が、学生の在籍している大学名によって、会社説明会の予約受け付けを制限したり、面接以前のエントリーシートや適性テストの選考過程で合否を決めたりしているのではないかということです。

 つまり、人物を評価する以前に、大学名(学歴)でふるいわけ(フィルター)が行われているという意味で使われる言葉です。

 主に、学生に人気のある企業や知名度の高い有名企業、東証一部上場の大手企業など、数千人規模の応募がある企業に、「学歴フィルター」があるとされています。それは、偏差値や入試の難易度などを基準に大学をランク分けし、このランク分けをもとに応募者をふるいにかけるやり方だと言われています。

大学名を不合格の理由にしている

 就活生を中心に、SNSではこんな話も拡散されています。

 就職サイトから、会社説明会の申し込みをしようとした就活生(東洋大学)が、受け付けされなかった(「満席」の表示)のに、サイトに登録した大学名の情報を「東京大学」に変えたら受け付けてもらえたというのです。

 真偽は不明です。仮に事実であっても、これをもって、この企業が「学歴フィルター」を設けているとするには、ちょっと無理があります。というのも、選考プロセスや採用基準は企業によって異なります。出身大学が偏り過ぎないように、と考える会社もあるかもしれません。

 複数の人事担当者に聞いてみても、はっきりと「学歴フィルター」の存在を認める企業はありません。むしろ、こんな指摘をしていました。

 「学生が不合格の理由を大学名のせいにしている」

 「就活生が大手企業に応募するのをためらい、『学歴フィルター』を言い訳にする」

2018年4月23日07:20 Copyright © The Yomiuri Shimbun