社会

秋田「人食いグマ」3頭生存か 他の5地域も警戒を

NPO法人「日本ツキノワグマ研究所」理事長 米田一彦
 秋田県鹿角市の山林で、タケノコ採りの男女4人が相次いでツキノワグマに襲われて死亡し、遺体の一部が食べられていた衝撃的な事件から間もなく2年になる。現地で追跡調査を続けてきたNPO法人「日本ツキノワグマ研究所」の米田一彦理事長(70)は、人の体を食べていた5頭のうち、今年も3頭が生き残った可能性が高いとみている。鹿角市以外にも、同様の事故・事件が危惧される地域が東日本に5か所あり、十分に注意してほしいと呼びかけている。本格的な山菜採りシーズンを前に、米田理事長に緊急報告してもらった。

「食害グマ」3頭のその後

 今年4月中旬から事件現場を踏査してきたが、雪解けが早いことや子連れグマが見られるなど、2年前の2016年の春と状況が似ている。

 16年の5月下旬から6月上旬にかけ、秋田県鹿角市十和田大湯の熊取平(くまとりたい)田代平(たしろたい)の2地区でタケノコ採りに入山した人たちがクマに襲われ、4人が死亡し、4人が重軽傷を負った。十和利山(とわりやま)(標高990メートル)の南麓に広がる酪農地帯で起きたことから、私はこの事件を「十和利山クマ襲撃事件」と呼んでいる。戦後最悪のこの獣害事件で特に重大だったのは、死亡した4人全員がクマによる食害(人間を食べること)を受けていたことだ。

 事件の概要は次のようなものだ。

 タケノコ採りシーズン中の16年5月21、22、30日に60~70歳代の男性がクマに襲撃され、遺体で発見。6月10日には70歳代の女性がクマに襲われ、遺体で見つかった。4人の遺体にはクマに食べられた痕があった。

  • 推定120キロの「大きな赤毛の雌グマ」。2人目を襲撃したのがこのクマだとみられる(2017年7月30日、田代平で撮影)=日本ツキノワグマ研究所提供
    推定120キロの「大きな赤毛の雌グマ」。2人目を襲撃したのがこのクマだとみられる(2017年7月30日、田代平で撮影)=日本ツキノワグマ研究所提供

 女性が遺体で発見された6月10日の第4現場付近では、体長1メートル30、体重70キロの雌グマが射殺された。胃の中から人体の一部が見つかったことから、4人を殺害したのはこのクマだという見方もあった。が、クマの社会では体の大きな雄が優位にあり、第4現場近くを移動する大型のクマが目撃されていたため、私はこのクマこそが“主犯”ではないかと推測。鹿角市の頭文字をとって「スーパーK」と名づけ、行方を追っていた。

 現地で追跡調査と聞き取り調査を行った結果、第2現場(5月22日)で男性を襲ったのはスーパーKと名づけた若い雄グマではなく、その母グマで、当時、子連れだった「大きな赤毛の雌グマ」(推定体重120キロ)と推測。それ以外の3人はスーパーKが殺害したと結論づけた。スーパーK(推定4歳、84キロの雄グマ)は16年9月3日に田代平で駆除(捕殺)された。

 人間を襲撃し、食害したクマはこの2頭を含め、計5頭いたと考えられる。人を襲い、食べたクマは、再び人間を襲う危険性がきわめて高い。では、その後、生き残った3頭のクマはどうしているのだろうか。

2018年5月11日15:00 Copyright © The Yomiuri Shimbun