生活

ひきこもる50代と80代の親に迫る共倒れの危機

愛知教育大学准教授 川北稔
 ひきこもりが長期に及び40~50代になると、親も70~80代以上の高齢になり、介護が必要になったり、生活が困窮したりする。「8050問題」と呼ばれ、親子ともに社会から孤立し、「共倒れ」になるリスクがある。なぜ、行政の支援が行き届かないのか。愛知教育大学准教授の川北稔氏に解説してもらった。

息子が気がかりで死ねない

  • (画像はイメージ)
    (画像はイメージ)

 千葉県内で年金暮らしをする女性は今年、傘寿(80歳)を迎えた。

 「あと数年の命とは思っていますが、働かずに一日中家にこもっている息子のことが気がかりで、このままでは死ねない」

 46歳の次男が自宅にひきこもるようになったのは、もう20年以上前のことだ。都内の有名私立大に通っていた次男は、就職活動でつまずいた。

 テレビ局や大手広告代理店など20社以上の採用試験を受けたが、どこも不採用となった。次男は不本意ながら、内定を得た中堅証券会社に入社。数年勤めたが、ある日、突然会社を辞めてしまった。

 「『もう会社には行かない』と言ったきり、息子は部屋にひきこもるようになった」

 しばらくして、転職活動をしたり、コンビニ店でアルバイトをしたりしたこともあったが、長続きしなかった。

 女性は昨年、大腸にがんが見つかった。今後、入院や介護が必要になったら、親子の生活はどうなってしまうのだろう。せめて、定職に就いてほしいと次男を諭すこともある。

 「資格も経験もない40代の中年男を雇ってくれる会社なんてあるわけないだろ」

 次男が不機嫌に言い放つと、親子はそれっきり口をつぐんでしまうという。

2018年5月17日13:42 Copyright © The Yomiuri Shimbun