話題

東大・近藤、連合チームトップで希望の1区出場が確定的

  • 10組に出場して6位でゴールした東大・近藤秀一(スポーツ報知)
    10組に出場して6位でゴールした東大・近藤秀一(スポーツ報知)

 関東学生陸上競技連盟主催の1万メートル記録挑戦競技会(報知新聞社後援)が25日、横浜市の慶大日吉陸上競技場で行われた。第94回箱根駅伝(来年1月2、3日)にオープン参加する関東学生連合チームは出場10選手を決める選考会として参加し、29分13秒71の自己ベストで連合チーム2番手に入った東大の近藤秀一(3年)は、本人の希望通り、1区出場が決定的となった。

 連合チームは箱根駅伝予選会(10月14日)で敗退した大学の中から20キロの個人成績を参考に、外国人留学生を除く各校1人に限定して編成。登録メンバー16人はすでに10月17日に発表されている。今回の連合チームを率いる日大の武者由幸監督(34)は、予選会の20キロと今回の1万メートルの合計タイムの上位10人を本戦メンバーとして起用し、原則、上位選手から出走区間を選択できる方針を固めていた。予選会では箱根駅伝常連校のエース級と対等に走り、59分54秒の好記録で連合チームトップの個人総合20位となった近藤は、1万メートルでも安定した走りを披露し、合計タイムで他の15選手を大きく引き離してトップ。「きょうは確実に走りました。最後まで余裕がありました」と冷静に振り返った。

 関東学生連合は前回まで「登録を含む本戦出場が1回以内の選手」が対象だった。そのため、1、2年時に連合の登録メンバー(16人)に入りながら補欠に回った近藤は一度も箱根駅伝を走らないまま前回限りで資格を失っていたが、今年7月に「本戦出場経験がない選手」にルール変更。「三度目の正直です。箱根駅伝では1区を走り、東大陸上部の存在感を示したい。人の心を動かすような走りをしたい」と意欲的に話す。関東学生連合チームの主将を務める近藤は“切り込み隊長”としてオープン参加のチームの士気を盛り上げる役割が期待される。

 近藤は先週の18、19日には千葉・富津市で行われた青学大の強化合宿に特別参加。18日のスピード練習、19日の30キロ走を完璧にこなし、原晋監督(50)に「青学大のアンカーとして走ってほしいよ」と冗談交じりに高く評価されていた。同じ静岡県東部出身で中学校時代からのライバルの青学大エース下田裕太(4年)は、近藤の次の1万メートルレースに出場し、自己ベストから約40秒遅れの29分14秒60。自身の走りについては納得していないが、ライバルの健闘については「さすが、近藤です。落ち着いて走っていた」と笑みを見せた。近藤は「下田の声援はよく聞こえた」と感謝した。東大選手としては、2005年に関東学連選抜(現連合)の8区を走った松本翔以来となる文部両道ランナーは、新春の箱根路でさわやかな風を吹かすことになりそうだ。

 1920年の第1回箱根駅伝で優勝した東京高等師範学校の流れをくむ筑波大の相馬崇史(1年)も学連チーム5番手として本戦出場が確定させた。第1回大会に出場した4校は「オリジナル4」と呼ばれており、そのうちの1校の慶大の根岸祐太(3年)も9番手に食い込み、本戦出場が決定的となった。

 その一方、これまでチームとしても連合チームとしても本戦出場経験がない芝浦工大の矢沢健太(4年)は、10番手の亜大・田崎聖良(2年)と、わずか0秒58差の11番手となり、本戦出場が遠のいた。上位10選手にアクシデントがない限り、箱根路を駆けることはできない。「あと、もう少しラストスパートを踏ん張っていれば…」と矢沢は悔やんだ。

 連合チーム登録メンバー16人の予選会20キロと1万メートル記録挑戦競技会の合計タイムは以下の通り。

 

〈1〉近藤 秀一(東大3年) 1時間29分7秒71

〈2〉長谷川 柊(専大2年) 1時間29分33秒15

〈3〉中島 大就(明大2年) 1時間29分47秒76

〈4〉金子 鷹(東農大3年) 1時間30分21秒41

〈5〉相馬 崇史(筑波大1年) 1時間30分23秒77

〈6〉田部 幹也(桜美林大3年) 1時間30分32秒26

〈7〉溜池 勇太(日本薬科大2年) 1時間30分41秒75

〈8〉阿部 涼(日大2年) 1時間30分44秒52

〈9〉根岸 祐太(慶大3年) 1時間30分49秒74

〈10〉田崎 聖良(亜大2年) 1時間31分1秒41

〈11〉矢沢 健太(芝浦工大4年) 1時間31分1秒99

〈12〉田島 光(関東学院大3年) 1時間31分15秒10

〈13〉宮田 僚(麗沢大2年) 1時間31分44秒08

〈14〉谷野 稜弥(流通経大4年) 1時間32分11秒68

〈15〉河口 昴平(駿河台大4年)1時間32分12秒36

〈16〉後藤 蓮也(平成国際大4年) 記録なし(1万メートル途中棄権のため)

(スポーツ報知)

2017年11月25日18:23 Copyright © The Yomiuri Shimbun