つなぐ2018

神奈川大 「3位以内」 狙いは堅実

  • 練習する神奈川大の選手たち(横浜市で)
    練習する神奈川大の選手たち(横浜市で)

 「箱根は全く別物だと思っている」。全日本大学駅伝を制して、優勝候補に躍り出たが、大後栄治監督は挑戦者の立場を強調する。

 全日本ではアンカーにエースの鈴木健吾(4年)を配置。チームに生まれた安心感が、最終区の逆転につながった。5区区間賞の越川堅太(2年)も「健吾さんがいることで、伸び伸び走れたことが大きかった」。

 箱根では1997、98年の連覇以降、総合優勝から遠ざかる。他大学の躍進を見て、大後監督は近年、量より質に目を向けてきた。全体ミーティングをほぼ行わず、個別面談で仕上がりを確認。距離を求める練習から、姿勢や股関節の動きを細かく指導するようになった。スカウト網も整備し、それが実を結びつつある。

 目標は「往路優勝、総合3位以内」。そこに照準を定め、1区に前回1区5位の山藤やまとう篤司(3年)、2区は前回区間賞の鈴木健の起用を指揮官は明言した。往路で狙い通りなら、20年ぶりの優勝も近付くが、「強い選手が必ず勝てるわけではない。しっかり準備したものが勝てる」と鈴木健。青学大、東海大と並ぶ「3強」と呼ばれても、慢心なく決戦を見据える。(上田惇史)

2017年12月14日14:00 Copyright © The Yomiuri Shimbun