話題

東海大、箱根初Vへラグビー部と合同で壮行会「優勝を狙って走りたい」

  • 壮行会の壇上で握手をし、健闘を誓い合う東海大陸上競技部の春日千速主将(中央右)と同大ラグビー部の野口竜司主将(スポーツ報知)
    壮行会の壇上で握手をし、健闘を誓い合う東海大陸上競技部の春日千速主将(中央右)と同大ラグビー部の野口竜司主将(スポーツ報知)

 第94回箱根駅伝(来年1月2、3日)で初優勝を目指す東海大は14日、全国大学選手権に臨むラグビー部とともに神奈川・平塚市内の湘南キャンパス内で壮行会を行った。

 前回大会は10位に終わったが、今年は学生3大駅伝の開幕戦・出雲駅伝(10月9日)を制し、前哨戦の全日本大学駅伝(11月5日)で2位。箱根3連覇中の青学大に対し、春日千速(ちはや)主将(4年)が「『打倒・青山学院』を掲げてきた。絶対王者の青学に挑戦するという思いで1年間取り組んできた。この1年で力を蓄えてきたという自信を持って臨む。もちろん、優勝を狙って走りたい」と壇上であいさつすると、約500人の学生や一般客から拍手を送られた。

(スポーツ報知)

2017年12月14日14:30 Copyright © The Yomiuri Shimbun