青学の箱根アンカー「つや姫食べて頑張ります」

  • ゴールした時の思いを吉村知事(左)に伝える橋間選手(9日、山形県庁で)
    ゴールした時の思いを吉村知事(左)に伝える橋間選手(9日、山形県庁で)

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)で総合優勝した青山学院大のアンカーとしてゴールテープを切った、山形南高出身の橋間貴弥選手(3年)が9日、山形県庁に吉村知事を訪ね、優勝を報告した。

 橋間選手は山形市出身で、山形南高から同大に進学。アンカーとして走ることは前日に決まったといい、「とても緊張した」と振り返ったが、区間2位のタイムで10区の23キロを快走した。

 この日は、優勝メダルを持って県庁を訪問。吉村知事からゴールの瞬間について尋ねられると、「頭が真っ白で、胴上げの瞬間まであまり覚えていない」と話した。吉村知事に「山形のおいしい物を食べてこれからも頑張って」とエールを送られ、「つや姫を食べて頑張ります」と応じていた。

2018年1月12日08:04 Copyright © The Yomiuri Shimbun