人工知能が身近な存在に

  • 読売KODOMO新聞10月12日号
    読売KODOMO新聞10月12日号

★人工知能が身近な存在に

 家電や乗り物、スマホなど、人工知能(AI)は社会の様々な分野で活躍を始めています。人型ロボットPepperのAIは、プログラム通りに反応を返すだけではなく、会話を繰り返して学習し自然な行動を取れるように成長していきます。このようなAIの進化の先には、どんな未来が待っているのでしょうか?

★銃規制に揺れるアメリカ

 カジノで有名なアメリカの観光地ラスベガスで起きた銃の乱射事件を受け、アメリカで銃を規制するかどうかの議論が活発になっています。アメリカは今後、銃とどう付き合っていくのでしょうか。

★世界体操で日本人活躍

 カナダで開かれた体操の世界選手権で、天才的なひねりの技術を持つ白井健三選手が個人総合で銅メダルに輝きました。7連覇を目指していた内村航平選手はケガで棄権してしまいましたが、若い選手たちが力をつけています。

★子どもカタツムリ博士

 ゆっくりのろのろ、不思議な生き物カタツムリと仲良くなりたい!と研究を続ける小学6年生に研究成果を教えてもらったよ。

★数字の神秘を感じる糸かけアート

 ににんがし、にさんがろく…と九九をつぶやき、順番に糸をかけていく。やっていくうちに自分のリズムが生まれ、無心になっていく。算数が苦手な子もきっと好きになるはずだよ。