絵本文化広める新団体

 子どものときから読書に親しんでもらうため、地域ちいき社会で絵本文化を広めることをねらいに、出版界しゅっぱんかいや国立青少年教育振興機構しんこうきこうが中心となった「絵本文化推進協会すいしんきょうかい」の設立せつりつ記念総会そうかいが6月22日、東京都内で行われた。

 協会は、絵本にかんする専門知識せんもんちしきを持つ絵本専門朗読指導者ろうどくしどうしゃ、絵本作家、児童じどう文学作家らを講師こうしとして登録とうろく講演会こうえんかいや朗読会を開く学校、幼稚園ようちえん保育所ほいくしょ、図書館、公民館などの要請ようせいをネット(7月中に開設予定)で受け、登録者の得意とくい分野や実績じっせきおうじて派遣はけんする。

 会長のノンフィクション作家・柳田邦男やなぎだくにおさん=写真=は総会のあいさつで、「絵本専門士などが中核ちゅうかくになって地域の活動に入りこんでいき、家庭では絵本の読み聞かせをする。(絵本文化を広めるには)多角的たかくてきなアプローチが必要だ」と、協会設立の意義いぎについて話した。