酒「20歳未満禁止」のまま

成人年齢「18歳」に

  • イラスト・スパイスコミニケーションズ(吉野恵美子)
    イラスト・スパイスコミニケーションズ(吉野恵美子)

 4年後から成人せいじん(大人)になる年齢ねんれいが20さいから18歳に引き下げられる見通しになりました。明治めいじ時代からやく140年つづいてきた成人年齢が見直される大きな変化へんかです。

 政府せいふは、民法みんぽう改正案かいせいあんを国会に提出ていしゅつし、2022年4月の実施じっしを目指しています。実現じつげんすれば、18、19歳でも親の同意がなくお金をりるローンを組んだり、クレジットカードを使う契約けいやくむすんだりできるようになります。一方で、女性じょせい結婚けっこんできる年齢は現在げんざい、16歳ですが、男性だんせいと同じ18歳になります。

 ほかにも多くのことがわります。有効期限ゆうこうきげん10年のパスポートを取れる年齢や、性同一性障害せいどういつせいしょうがいの人が家庭裁判所さいばんしょ性別変更せいべつへんこうを申し立てられる年齢も18歳に下がります。

 ただ、お酒やたばこ、競馬けいば競輪けいりんなどの公営こうえいギャンブルは、現在の「20歳未満禁止みまんきんし」のまま変わりません。お酒やたばこは、始める年齢が早いほど、健康けんこうに悪い影響えいきょうすと言われます。公営ギャンブルも、「非行ひこうへの引き金になる」という不安ふあんの声があり、18歳には引き下げません。

 世界の多くの国では、18歳が成人です。イギリスやフランス、アメリカの大半の州のほか、ロシアや中国でも18歳が成人です。日本では2016年、選挙せんきょ投票とうひょうできる年齢が20歳から18歳に下がっています。

 課題かだいもあります。ローンなど18、19歳の若者わかものが様々な契約を結べるようになるため、若者がだまされる被害ひがい可能性かのうせいもあります。政府は消費者契約法しょうひしゃけいやくほうという法律ほうりつも改正し、不当ふとうに結ばせた契約は、取り消せる規定きてい追加ついかします。消費者としてだまされないように判断はんだんできる教育も必要ひつようです。

 犯罪はんざいおかしたさい少年法しょうねんほう適用てきようする年齢を18歳未満に引き下げるのかも結論けつろんが出ておらず、議論ぎろんが続いています。

成人式はいつ?

 また、成人式せいじんしきをいつやるかも焦点しょうてんです。現在、1月第2月曜日は「成人の日」で、多くの自治体じちたいが1月に成人式を行っています。しかし1月は大学入試にゅうしの時期と重なり、18歳の高校3年生らの中には成人式に参加さんかできない人が多く出る可能性があるためです。

 今後、18、19歳の社会での責任せきにんはより大きくなっていきます。みなさんも将来しょうらい、大人として自覚じかくを持ち、積極的せっきょくてきな社会参加がもとめられています。

中学受験サポートFacebookページ