<中国>赤い口紅でさっそうと

 上海で、赤い口紅の人気が高まっている。2、3年前、韓国ドラマの登場人物が赤い口紅をしていたのがきっかけだったが、その後もファッション誌などで紹介され続けて人気に拍車がかかった。

 若い女性たちからは、「赤い口紅がなければ始まらない」との声が聞こえてくるほどだ。


  • シックな装いに鮮やかな赤い口紅が映える
    シックな装いに鮮やかな赤い口紅が映える

 中でも人気なのが、これまで年配女性がつけるイメージがあった深紅や鮮やかな赤だ。若い女性たちが、職場でも休日の外出の際にもつけている。「ひと塗りしただけで、顔色がよく見えて、元気に見える」「大人っぽくて品がある」などが支持される理由だ。

 特に海外ブランドの口紅が人気を集める。アメリカのブランド「トム・フォード」のバニラの甘い香りがする商品は、爆発的な人気で入手困難となるほど。国内ではなかなか買えないので、空港の免税店の化粧品売り場では連日、口紅を買い求める客の行列ができているという。30代の女性は、「手に入りにくくなるほど、ますます欲しくなる」と話していた。

 カジュアルな服装でノーメイクに近いのに、赤い口紅だけつけた女性の姿は強く印象に残る。彼女らがさっそうと街を歩く様子は、上海の春の風物詩になりつつある。

 (石川リエ ライター)