発言小町@新聞

葬儀の希望、高齢の親に聞いた

[トピ]80歳の実母に、葬儀の希望をきいてしまった

 アラフィフの主婦。2人姉妹の次女で、実家からは離れて住んでいます。実母は一人暮らしで元気ですが、いつ何があってもおかしくないので、電話で気軽にどんなお葬式がよい?とききました。

 母は、焼くだけでいいと。私は「ちゃんと希望を書いておいてね」と言いましたが、なんとなく寂しそうでした。私は自分の希望を子に伝えていますが、子どもから口にすべきではなかったのでしょうか?(薄子)


 ※トピは⇒こちら


[レス]元気なうちに/信頼関係があれば/グサッとくるのでは/言い方を考える

■聞きました

  • イラスト・山崎のぶこ
    イラスト・山崎のぶこ

 母が50代前半の元気なときに、お葬式の希望を聞きました。三つ希望があり、そのとおりにしました。元気なうちに聞いておいてよかったと思います。(りら)


■聞いてほしい親です

 私には息子が2人いて、独身で実家から離れて暮らしていますが、トピ主さんのように、親の葬儀のことをちゃんと考えてくれているのかなあと、ふと思いました。トピ主さん、えらいですよ。親子の関係や親の性格にもよりますが、信頼しあっていれば、聞いてもいいと思います。(聞かれたい人)


■そういうことって

 聞かれることじゃないと思う。自分の死後を考えられる人、考えたくない人、伝えたい人、成り行きでいいと思う人、いろいろです。意思表示しないことも、子供たちに任せたいという立派な意思表示だと思うんですが。(ばんび)


■電話でする話ではないでしょう

 こういうのは会った時に表情を読み取りながらするものじゃないんですか? 「私は息子にこう言ってるよ」と言ってみたりしてね。一人暮らしの高齢のお母様にはグサッときますよ。タイミングを考えてください。(雨傘)


■現実問題かどうかで、感じ方が違います

 お母様より年上です。私と夫は20年以上前に遺言状を作りましたが、どこか絵空事。一昨年、書き直した際、子どもたちに色々質問され、死が現実問題になったんだと少し寂しい気がしました。「まだ元気だけれど、年齢的にきちんと書いてもらったほうが、こちらも安心だから」とワンクッション置いた言い方をなさればよかったのでは。(83歳の女性)


■エンディングノートを用意

 お母様の生い立ちや思い出、親類関係などを記入できるようなエンディングノートを購入してはどうでしょう? いざという時に連絡してほしい人などを記してもらい、補足として葬儀についても書いてもらうと、少し抵抗感がなくなるようです。口では何も言わない80歳の母にも、抵抗なく受け入れてもらえましたよ。(hamu)


■聞くのは病気の時や延命治療の希望から

 電話で気軽に葬式はなんて聞かれたら娘とはいえ寂しいものでしょう。私の80代の母には簡単なエンディングノ-トを書いてもらっています。がんでも積極的な治療はしない、人工呼吸器や胃ろうはしないとか、希望を聞いています。その流れで、葬儀は家族葬、後日お知らせする人のリストと文面も作成してあります。(ボタン)


■私は親から言われた

 まだ元気な70代の父から、会うたびにエンディングノートの存在を知らされ、葬儀やら亡き後のあれこれを熱心に話されたのが、つらくてならなかったです。それが10年続きました。いざ葬儀になると、親戚関係や主人と私の仕事関係から大規模にせざるをえず、父の遺志は参考程度にしかならなかったです。(藪)

家族で対応確認を

 「メモリアルアートの大野屋仏事アドバイザー、川島敦郎さんの話「最近は、葬儀を含め、自分の死後にどうしてほしいか考える人が多くなっています。ただし当社の調査では、自分の葬儀について考えたくない、という人も約半数。お母様に謝りつつ、終活のことなどのお考えを尋ねてみてはいかがでしょうか。お母様のお考えをうかがえなくても、いざというときの対応や葬儀の形式について、家族で確認しておくとよいでしょう」